銀行でお金を借りる条件について

お金に困ったから、銀行でお金を借りるにはどうしたらいいでしょうか?お金を借りるための最低限の条件2つを紹介していきます。2つの条件をクリアーしないと借りることはできません。

①銀行でお金を借りる場合20歳以上であること

 

②あなたに安定した収入があること

 

この2つの条件はクリアーしていないと借りることができません。安定した収入と聞くと正社員という印象かもしれませんが、パートの主婦の方やアルバイトの学生またはフリーターなどもOK、定期的に安定して収入があれば条件に当てはまります。

 

銀行でお金を借りる方法は、いろいろありますが、初めてお金を借りる場合はカードローンがおすすめです。

 

カードローン?って言えば、銀行よりテレビでCMが流れているいろいろな種類があるんじゃないの?そうなんです。大きく分けると銀行と消費者金融のカードローンが有名ですね。では、それぞれの特徴は何でしょう。簡単に説明すると、まとまった額で長時間かけての返済になるなら銀行がおすすめです。

おすすめのカードローンはこちら!

お金を借りる前に知っておきたい特徴!

ここのホームページに見ている方で、もし、すぐにでもお金が必要!今すぐにお金が借りたい!という方は消費者金融を利用しましょう。消費者金融はとにかく早いので急いでいるあなたも安心できると思います。大手銀行グループのプロミスなら最短1時間融資も可能なのです。早いですよね。早いとちゃんと審査していないんじゃないのか?という不安もありますよね。

 

もちろん、審査を適当にしているわけはありませんので、安心してください。しっかりと独自の審査方法があり、その条件に当てはまった方は審査に通ります。もし当てはまらない方は、希望借入額が下がったり、借入ができなかったりしますので、誰がうけても借入できるという訳ではありません。カードローンの審査は難しそうというイメージもあるかもしれませんが、実はそんなことはありません。準備する書類も少なく、印鑑や担保または連帯保証人も不要です。申込みも最近ではスマホを使ったネット申込みもできるようになっているので、会社によっては来店不要で手続きすることもできます。スマホやパソコンで申込みできるなら、少し難しそうというイメージは消えたのではないでしょうか?手軽ですよね。

 

でも、怖いおにいさんの取り立てがあるんじゃない?

スピード対応してくれて手軽なのは、分かったけど消費者金融ってちょっと怖いという方もいるでしょう。実は、私もそう思っていたのですが、平成22年6月18日にに貸金業法が完全施行されてからは、利用者が法外な利息で苦しまないように、また、プライバシーもしっかり守られるように改善されています。もし、延滞しそうになったら速やかにカード会社に連絡すれば、実に親切に対応してくれ相談にものってくれますのでご安心ください。

 

消費者金融は銀行カードローンと比べると金利は確かに高いということもありますが、その分スピードが速かったり、少額での融資が可能です。1,000円単位での借入れもOKなのです。銀行カードローンの場合だと10万円からしか借りることができないということもあります。そんな面で言うと、生活費のピンチや携帯代など少しだけお金が足りないという時は給料前の3万円とか5万円当たりのキャッシングになると思うので消費者金融が向いていると言えるでしょう。

お金借りる場合の安定した収入って?

カードローンの申込み条件はまず、成人していることです。そして、安定した収入があることが重要なポイントになります、これは、冒頭でもお伝えしたことですが具体的にどのくらいが安定した収入なのか?という部分について紹介していきます。安定した収入というのは、具体的にはどのくらい収入があればいいのか?が気になりますよね。実は、特に額は示されていません。

 

月に10万円でも4万円でもOKです。ただ、その収入に応じてあなたが借入できる金額は当然変わってきます。借入できるのは、年収の3分の1まで(総量規制)と覚えておきましょう。月に4万円の収入の場合は年収が48万円なので、16万円があなたの最大借入可能な金額となります。このようにあなたの収入に応じて借入可能金額が変わります。

銀行カードローンと消費者金融の違いは?

銀行のカードローンと消費者金融の違いは金利やサービスの内容が違います。お金を借りるなら金利が少ないところを選ぶ方がいいですよね。自分の負担が少ないにこしたことはありません。でも、それだけを見て判断するのはちょっと待ったです。特徴をしっかり把握してどちらが自分に合っているかを判断しましょう。

 

例えばプロミスの場合なら初めての利用の方でメールアドレスとWEB明細書利用登録するだけで30日間無利息サービスを受けることができます。もし、このサービスを受けたら、実際に負担する金額って変わりますよね。30日間で返済できれば負担がありませんし、仮に2か月で返済した場合は1か月の金利で借りることができます。

 

そして、プロミスの場合は、それだけではなく土日も申込みや審査をしてくれますので、休日でもすぐにキャッシングをすることができます。

 

銀行のカードローンは、消費者金融に比べて金利は約3.5%~4.0%ほど違います。たったそれだけと思った方もいると思いますが、この数パーセントが1~2年間返済していると負担も大きくなってしまいます。長期的にカードローンを利用したいなら銀行のカードローンの利用が良いでしょう。最低でも10万円からというところが多いし審査にも時間がかかります。すぐに少ない金額を借りたいと考えている方は、消費者金融がいいでしょう。

 

まとめると銀行のカードローンの特徴としては、金利が低い分、最低借入額が10万円以上で審査にも時間がかかる。消費者金融の場合は最高金利が18.0%で少しだけ高いですが、急を要する時は素早い対策と充実したサービスというメリットがあります。

カードローン申込みについて

カードローンを利用するのに必要な書類は本人確認書と収入証明書です。印鑑も連帯保証人も必要ありませんので、初めてお金を借りるという人にも利用しやすいと言えます。申込み方法もさまざまで電話・ネット・店舗・郵送の4つの方法があります。最近では、スマホの普及によりネットでの申込みもできます。ネットなら24時間申込みすることもできますので、時間を気にしなくていいのとどこからでも手軽に申し込めるのは嬉しいですよね。

 

ただ、申込みの際に、どこの会社が自分にあっているにか中々判断しにくいですよね。そして、とにかくお金が必要な時だから複数の会社に申込みしたいと思うかもしれませんが、複数の申込みはおすすめしません。複数申込みすることで審査に落ちる可能性が高くなります。急いでいても、急いでいるからこそ複数申込みはやめましょう。別のページで複数申込みについて詳しく書いたので、気になる方はそちらを参考にしてください。

 

参考:カードローン複数申込みってまずい?

カードローンの審査

申込みをすると次はカードローンの審査です。カードローンの審査は、あなたに返済できる力があるのかを調べていきます。審査基準は各カードローンで違いますが、必ず審査する上でどこの会社も行うことがあります。それは、あなたが会社に確かに勤めていることを確認する在籍確認です。カードローンを利用するには安定した収入が条件なので、どこのカードローンも必ず、在籍確認を行います。

 

在籍確認の確認方法は、プロミス(申込みしたカードローンの会社)が直接あなたの会社にあなたが在籍しているかを電話で確認します。プロミスが自分の会社に電話!?と思う方もいると思いますが、在籍確認はしっかりとプロミスの方でも対策を練られているので、同僚に分からないように個人名でかけてきます。在籍確認についての詳しい内容は別のページで紹介しています。プロミスからの会社への電話連絡が気になる場合はそちらを参考にしてください。

 

参考:在籍確認を回避する方法?回避可能!?

今すぐにお金を借りたい時は

今すぐにお金を借りたいなら、消費者金融のカードローンを選びましょう。消費者金融は審査から借入までスピーディーに対応してもらえます。消費者金融と言ってもたくさん会社あり迷うと思いますが、初めて利用する場合は、プロミスがダントツでおすすめです。

 

なぜ、プロミスがおすすめめかと言うと、審査から借入まで圧倒的にスピーディーに対応してくれます。最短1時間融資も可能なので、すぐにキャッシングもできますし、プロミスは即日カード発行ができる自動契約機の設置台数が業界でトップクラスなので、カードの発行もしやすいと言えるでしょう。そして、初めての方はメールアドレスとWEB明細書利用登録で30日間無利息でサービスを受けることができるので、利用しやすいですよね。

 

そして、プロミスの最高金利は他の消費者金融に比べて最高金利が低いのもおすすめのポイントです。他社が18.0%に対してプロミスは17.8%と低くなっているので、あなたの金利の負担も軽くなります。スピード対応で、いろいろなサービスがあり、金利も低いので、消費者金融を使うならやっぱりプロミスがおすすめです。

 

急ぎの方は自動契約機へ

特に急ぎでお金を借りたい方は、自動契約機の利用をおすすめします。振込キャッシングの場合は14時までに契約を済ませておかないといけません。もし、14時を過ぎた時点で契約完了した場合は、その日に振込キャッシングすることができません。そんな時には諦めずにプロミスの自動契約機を利用しましょう。

 

自動契約機を利用すれば最大で22時までタイムリミットが伸ばせます。それは自動契約機が22時まで空いているからです。ただし、店舗によっては早く閉まる場合もあるので、来店する場合はプロミス公式ホームページで確認しておきましょう。

 

また、少しでも時間を有効に使いたいなら自動契約機に行く前にネット申込をしておきましょう。そうすれば早くお金を借りることができます。

 

プロミス最短振込する方法!

銀行の振込は平日の場合15時以降の振込はできませんよね。そして、もちろん土日や祝日も振込ができません。しかし、プロミスなら三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を登録しておけば24時間最短10秒で振込できる瞬フリのサービスがあります。口座を登録しておくだけでいつでも、どこでも振込の依頼をかけることができるのでとても便利です。

 

急な振込がありそうな方や土日など利用する可能性が高い方は、前もって口座を準備して登録しておくと給料日前やATMの閉店前の行列に並ばなくていいのも魅力的です。

銀行カードローンを利用するなら長期返済時

銀行カードローンは消費者金融に比べて金利が低いので、長期的に借りる場合がおすすめです。消費者金融と銀行カードローンを比べると考えているほど金利は大きく変わりませんが、数パーセントでも低く利用できるなら利用した方が良いです。

 

小さな金額でも長期的に利用する場合は、より負担額も大きくなってしまいます。どのくらい負担が大きくなるのかを表にしましたのでそちらを参考にしてください。

 

 

銀行カードローン

消費者金融

100万円1年間で返済した場合

1,080,265円(14.5%の計算) 1,099,012円(17.8%の計算)

150万円2年間で返済した場合

1,736,967円(14.5%の計算) 1,793,777円(17.8%の計算)

 

このように横に並べると、これだけ支払いが変わるのです。少しでも負担を減らしたい場合は銀行のカードローンを利用するとお財布に優しいと言えるでしょう。長期的に利用するのであれば、銀行カードローンですね。

 

逆に急ぎでお金が必要な時や短期間で返済ができる時は、消費者金融がおすすめです。例えばプロミスを利用した場合はサービスを受けることで実際にかかるはずの利息がかからない時もありますし、100万円を超えた場合は金利も少し安くなります。

銀行でお金を借りるまとめ

お金を借りる手続きの中で担保や保証人も要らないのでカードローンが1番手続きしやすく初めての人が利用しやすいと言えます。長期的にまとまったお金を借りる場合は銀行のカードローンを利用しましょう。

 

とにかく今日中にお金が必要という場合は消費者金融を利用しましょう。スピーディーに対応してくれます。また、審査のことやちょっとした不安も解消してくれるっ充実したサービスもあるのは魅力的ですよね。今すぐにお金を借りるなら消費者金融のカードローンをおすすめします。初めての方には、上手に借りると無利息でお金を借りることもできるプロミスが一押しです。

更新履歴